算数の図形問題で挫折…

中学受験に向けて娘が勉強を進めているのですが、どうしても算数の成績が伸びずに苦労しています。

国語や社会などの暗記を中心とする科目であれば、特に努力しなくても高得点を取る事が出来ていました。

しかし、単純な計算問題と異なり、解き方に様々なパターンがある中学受験の算数には手も足も出ない状況になってしまったのです。

中学受験の算数では、計算問題のほかに図形に関する問題が数多く出題されるようになり、図形問題を解く事が出来なければ得点率は大きく下がってしまうという状況にあります。

公立の小学校での学習内容程度の図形問題でしたら、何とか解く事が出来るのですが、中学受験の算数では解き方を知らなければ絶対に解く事が出来ない問題が出題されるのです。

こういった受験生泣かせの問題に対処するために、保護者として図形に対する苦手意識を無くすように工夫を行いました。

例えば、文章問題などで計算が必要になった場合に、数字ではなく図形を利用する事によって問題を解かせるという工夫を行ったのです。

どのような問題であっても図形化して考える姿勢を見に付けさせる事により、今までのように算数に拒否反応を起こす事がなくなりました。中学受験のレベルは年々上がっていますので、今からとても心配です。"